令和元年10月1日から幼児教育・保育の無償化が始まります 【子どもを預けたい】 2019-10-02 10:00 UP!

保育所、幼稚園、認定こども園など
3~5歳児のすべての子どもの利用料が無償化
 保育所、幼稚園、認定こども園、小規模保育や家庭的保育などの地域型保育などが対象になります。

保育所など
・保育料の無償化の期間は、満3歳児になった後の4月1日から小学校入学前までの3年間です。
・0歳児から2歳児までの子どもで住民税非課税世帯の保育料は無料です(本市では国に先行して、すでに無償化しています)。また、子どもが2人以上の世帯の負担軽減の観点から、現行制度を継続し、保育所などを利用する子どものうち最年長の子どもを第1子と数えて、第2子の保育料は半額、第3子以降の保育料は無償となります。
*年収360万円相当未満以下の世帯については、第1子の年齢は問いません。
・通園送迎費、食材料費、行事日などは、これまで通り保護者の負担になります(従来の主食費以外にも、副食費(おかず・おやつなど)が必要になります)。ただし年収360万円相当未満以下の世帯の子どもと、保育所などを利用する子どものうち最年長の子どもを第1子と数えた第3子以降については、副食費が免除されます。

幼稚園など
・幼稚園については、月額2万5700円まで無償になります。無償化の期間は、満3歳児となった日から小学校入学前までです。
・通園送迎費、食材料費(主食費・副食費)、行事費などは、これまで通り保護者の負担になります。ただし年収360万円相当未満以下の世帯の子どもと、小学3年生以下の子どもを第1子とした第3子以降については、副食費が免除されます。
・子ども子育て支援新制度の対象とならない幼稚園については、無償化となるための認定が必要になります。
 
幼稚園の預かり保育
保育の必要性の認定のある子どもの利用料が月額1万1300円(3歳児~5歳児クラス)、または、月額1万6300円(満3歳児クラスの市民税非課税または生活保護世帯)まで無償化
・幼稚園の利用に加え、利用日数に応じて、上記の金額を上限に預かり保育の利用料が無償化されます。
・無償化の対象となるためには「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。
*「保育の必要性の認定」には、就労などの要件(認可保育所の利用と同等の要件)があります。
 
就学前の障がい児の発達支援
児童発達支援、保育所等訪問支援などのサービスに係る利用者負担額が無償化
・無償化の期間は、満3歳になった後の4月1日から小学校入学前までの3年間です。
・食費などの実費は無償化の対象外です。
・無償化に係る申請手続きは不要です。
 
認可外保育施設など
保育の必要性のある3歳児から5歳児までの子どもは月額3万7000円まで、0歳児から2歳児までの住民税非課税世帯の子どもは月額4万2000円までの利用料が無償化
・無償化の対象となるためには「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。
*保育所、認定こども園などを利用できていない人が対象となります。
*「保育の必要性の認定」には、就労などの要件(認可保育所の利用と同等の要件)があります。
対象となる施設・事業
認可外保育施設(一般的な認可外保育施設、地方自治体独自の認証保育施設、ベビーシッター、認可外の事業所内保育など)に加え、一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業を対象とします。
*無償化の対象となる認可外保育施設は、都道府県などに届け出て、国が定める基準を満たすことが必要です。ただし、基準を満たしていない場合でも無償化の対象とする5年間の猶予期間が設けられています。


無償化対象施設について

無償化対象施設については、下記の施設になります。
 
・認可保育園・幼稚園(新制度移行園)はこちら
【無償化対象】特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業一覧.pdf

・幼稚園(新制度未移行)・認可外保育施設・預かり保育事業・一時預かり事業・病児保育事業・子育て援助活動支援事業はこちら
【無償化対象】特定子ども・子育て支援施設等一覧.pdf


 
▽お問い合わせ こども未来室入所係〔内線292~294〕

里親制度をご存知ですか? 【市からのお知らせ】 2019-10-01 09:00 UP!

〇里親制度について
 子どもが健やかに成長するためには、安定した家庭環境の中で、保護者の温かい愛情のもとに育てられることが必要です。しかし、様々な事情により家庭で生活することができない子どもたちがいます。そのような子どもたちを保護者に代わって、一時的または継続的に、家庭的な雰囲気の中で、愛情深く育ててくださる方を里親と言います。
里親リーフレット(厚生労働省のウェブサイト)

〇里親になるためには
 所定の研修を受けるなど一定の条件を満たす必要がありますが、原則として特別な資格は必要ありません。 里親制度に関心のある方、子どもの福祉のために里親になることを希望される方は、まずは、大阪府富田林子ども家庭センターにお問い合わせください。

〇里親の種類
① 養育里親(はぐくみホーム)  
 様々な事情があって家庭で養育できない子どもを、子どもが家庭に帰るまで、あるいは社会的自立するまで等の一定期間(数日~数か月、数年まで様々です)養育する里親です。 大阪府では、養育里親を愛称で「はぐくみホーム」としています。

②専門里親  
 養育里親のうち、虐待を受けた子どもや障がいのある子どもなどを預かり、専門的な経験と知識を生かし家庭で養育する里親です。

③養子縁組里親  
 養子縁組を前提として子どもを養育する里親です。
 ・特別養子縁組   養子となるお子さんの実親(生みの親)との法的な親子関係を解消し、実の子として、新たな親子関係を結ぶ制度です。
特別養子縁組により親になることを希望される方(厚生労働省のウェブサイト)  

④親族里親  
 実親が死亡、行方不明などにより、養育できなくなった子どもを3親等以内の親族(祖父母・きょうだい等)が里親認定を受けて養育する場合の里親です。

⑤週末里親  
 児童養護施設等で生活する子どもを、週末や夏休み等の長期休暇に家庭に迎える里親です。

〇里親のお問い合わせ先について
 里親になるための相談は、大阪府富田林子ども家庭センターが行っています。  

〒584-8511  
住所:富田林市寿町二丁目6番1号  
電話番号:0721-25-1131(代)    

 なお、里親のなかでも養子縁組里親、週末里親については、公益社団法人家庭養護促進協会大阪事務所にまずお問い合わせください。  

〒543-0021  
住所:大阪市天王寺区東高津町12-10大阪市立社会福祉センター210号室  
電話番号:06-6762-5239

ガイドマップとんだばやし

緊急連絡先

小児夜間救急:0721-23-9919(市消防本部) 20:00 ~翌朝 8:00
救急安心センターおおさか:♯7119(固定電話[プッシュ回線]・携帯電話・PHS)
                 :06-6582-7119(固定電話[ダイヤル回線]・IP 電話)
                  365 日 24 時間対応
「体調が悪くなった」「けがをした」などで病院へ行った方が良いか、救急車を呼んだ方が
良いかなど迷ったときの相談
※緊急性があると思ったときは迷わず 119 番通報で救急車を呼んでください。

児童相談所全国共通ダイヤル:189
虐待の通告・通報